2019/08/20
暑い暑い夏も峠を過ぎ、夜は早くも鈴虫の音が涼やかです。 夏休み後半のこの時期とても多いのが、子供さんのお勉強に関するお悩み… 毎日ゲームやり放題、たまに外出したかと思えば友達と遊び惚けて、宿題をやっている気配もなし。ウチの子は大丈夫でしょうか?と。 昭和の時代は、ゲームなんて無かったですからね。...
2019/08/07
リーディングの合間、いつものように浜辺をブラブラと散歩していると、ふいに海が呼び掛けて来ました。 「今日は、特別なプレゼントがあるよ。探してみて…」 ふと足下を見下ろすと、丸い石がコロンと、まるで誰かがそこに置いたみたいに転がっています。 ん?と手にすると… 「あっ!マリア観音みたいじゃ!たまがった!(びっくりした)」...

2019/08/01
日本の夏と言えば蝉。蝉と言えば夏休みです。 早朝、ラジオ体操のついでに、大きなクスノキの下にしゃがみ込み、地面に開いた半径5mmほどのいびつな穴に細い木の枝をそっと差し入れると、中からグイッと掴んで来る感触があり…そぉ~っと引き上げてみるとそこには、ピカピカに光った蝉の幼虫が姿を現します。...
2019/07/18
朝7時、小さな島の中を走るバスが、入江の停留所に定刻に入ってきます。 「いってらっしゃい。」 「フンッ!」 「楽しんできてね。」 「ヘンッ!」 何かと気難しいお年頃の息子は、寝不足の目をクシャクシャと擦りながら、気だるそうに鼻で返事をしています。 めげない母はダメ押しついでに、もう一言。 「あいしてま~す。」 「ウヘッ!」...

2019/06/26
我が家の芋畑の中で哲学者のような眼差しを向けているのは、野良猫のテッちゃん。 テッちゃんはウチ独自の呼び名ですが、この辺にもうずっと昔から居るようで、近所では「おたふく」「シロ」などと呼ばれているオッサン猫で、律儀に朝晩忘れずにご飯を食べに来ています。...
2019/06/06
小学校低学年の時の私の通知表の評価欄を改めて読み直してみると、当時の先生は、なかなか興味深いことを書いてくれています。 「授業中、ボーッとして、話を聴いていないことが度々あります。」「とにかく忘れ物が多いです。気をつけましょう。」「世の中は自分中心に回ると思っています。」「手遊びが多いです。背筋を伸ばして椅子に座りましょう。」...

2019/05/09
今日は先ず、1分間の森林浴を、どうぞお楽しみ下さい。 撮影場所は佐賀市大和町にあります『巨石パーク』の中にある、「石神の滝」の映像です。 古代からの巨石群が残る山全体がそのまま保存されており、巨石と巨石を結ぶ獣道を、崖下に落ちないよ~うに注意して進むという、なかなかスリル満点の公園です。...
2019/04/23
このストールとも、かれこれ30年のお付き合いとなりました。 沖縄に住んでいた頃、繭の紡ぎ方、糸の結び方から手取り足取り教えていただき、最初に織り上げた一枚です。 八重山上布、手紬の絹糸、草木染の木綿糸を、心の赴くままに自由に横糸として入れていきます。...

2019/04/19
雲一つない漆黒の闇に煌々と輝く月に誘われ、盃を片手にそぞろ歩き。 引き始めた波が、静かにテトラポットを濡らしています。 波間に映る月光を眺めていたら、昔覚えた歌が不意に口の端に浮かんできました。 嘉辰令月歓無極(かしんれいげつかんむきょく) 万歳千秋楽未央(ばんぜいせんしゅうらくびよう) 平安時代に、貴族の間で流行した朗詠です。...
2019/03/28
西海橋を渡り佐世保方面へと車を走らせると、緑に覆われた小高い丘のてっぺんに、不思議な光景が見えてきます。 3本の巨大な塔が、まるで来るものを寄せ付けないような異彩を放ち、真っ直ぐに天へと伸びている。 一体なぜ?誰が、何のために? 桜もほころぶ暖かい春の日、思い切って近くまで行ってみることにしました。...

さらに表示する