たったひとりの人に
2021/06/03
梅雨の合間の青空をぬって、車で小一時間ほどの山間にある滝へ、時々泳ぎに行くのが何よりの楽しみです。...
3.11に
2021/03/11
夕べ、不思議な夢をみました… 亡くなった友人が久しぶりに現れて、ちょっと困った顔をしながら、「明日は笙を吹かなければならないよ…」というのです。 困った顔をしたのはきっと、最近私が笙をあまり吹いていなかったからでしょう。 そうです、今日は3.11…日本人にとって、決して忘れられない日です。...

ネコばあちゃん#3
2021/03/08
ネコばあちゃんの最新作が出来ました。 (このシリーズは実話です) 確定申告の書類をそろそろ出さなければならないのですが、昔からテスト前になると、全く違うことに精を出してしまうという変な性質は、還暦前の現在も健全です(-_-;) ☆サムネイルをタップすると、youtubeに飛びます。
ねこばあちゃんの呟きvol2
2021/02/18
今回の出演は、サバちゃん。 愛しい存在と連絡が取れないときにどうしたらいいのか、ねこばあが解説しています。 ☆彡ネットの世界に完全に乗り遅れたねこばあに変わり、中1の息子に編集と大分弁の翻訳を頼んでおります^m^

ねこばあちゃんの呟き
2021/02/16
ウチで毎日ご飯を食べては遊び、好きな時に寝ている猫たちにも、少し労働してもらうことになりました。 題して。「ねこばあちゃんの呟き」。 記念すべき第一回目の主演女優は、オトちゃんです。 今話題の、女性蔑視問題について語っています。
いつもそこにあったもの
2021/01/11
ある日の午後、ふと窓外のグランドに目をやると、いつもと何だか景色が違います。 ああ… 朝から鳴り響いていたチェーンソーの音は、もう何十年もここにあった、大きなパームツリーを切り倒していたのでした。...

2020/06/21
雲間から長陽の太陽がぼんやりと覗いています。 今日の太陽は372年ぶりの奇跡! 一年で陽の気が極まる夏至の日に加え、蟹座の新月、そして日蝕が重なります。 そして わたくし事ですが、今日は奇しくも亡き父の二十回忌。ふと、父から、「おい!絵里よ、今日こそあの話をせんか!」、そう急かされている気がして、パソコンの前に座りました。
2020/03/29
ふと、雨の中、入江に咲いている山桜に会いに行きました。 日本中、自粛、自粛の毎日…東京オリンピックの延期が決まり、人々の閉塞感は、さらに加速しているように感じます。 誰も来る人のいない、寂れた古い港の岸で、世の中の騒ぎには全く関係なく、そぼ降る冷たい雨に濡れながら山桜は、この春のひとときを咲き誇っています。...

2019/11/21
どんよりと重たい雲が空を覆い尽くす午後、海をボンヤリと眺めていると、ふいに幾筋もの光が舞い降りて来ました。 私はこの光のカーテンを、『神様からの応援光線』と呼んでいます。 ヨーロッパの古い石造りの教会に響くパイプオルガンのように、神々しくも荘厳なる音色が、強く胸に迫って来ます。...
2019/11/07
子供時代を山深い小さな村落で過ごした私は、この地に移住するまで、潮の満ち引きというものを間近に目にしたことがありませんでした。 1日の内に2度も入江の階段の上まで潮が満ち、引いていく時には、普段海の底にある岩や貝類が顔を出し、岩の上を辿り沖の方まで散歩が出来ます。...

さらに表示する